アーカイブ

Posts Tagged ‘books’

[本]数学的にありえない(上・下)(文集文庫)

数学的にありえない〈上〉 (文春文庫)
数学的にありえない〈下〉 (文春文庫)


以前にも多少この本について書いていましたが、読み終わったので感想を。


06年、「週刊文春ミステリーベスト10」海外部門第3位、

「このミステリーがすごい!」海外編第5位にランクインした、アダム・ファウアーのデビュー作。

05年の発表以来またたく間に16カ国あまりで翻訳されベストセラーとなり話題を呼んだ、

圧倒的なリーダビリティーを持つノンストップ・サスペンスである。

(Amazonのレビューから引用)


一見、数学・統計学・物理学などがガンガン出てきて、おそらく

理系アレルギーの人は読む気も起らないように感じると思う。


しかも、主人公は決定論のPostでも書いた「ラプラスの魔」そのもの、という

若干サイコっ気も含んだ内容。


理系サイコミステリーか?というと、実はそうでもないところがいい感じ。


全体としては大きなアクション大作というか、CIA工作員やら秘密組織やらロシアやら北朝鮮やら

困惑しそうなくらい色んなヤバイ組織と戦ったり逃げたり、という大枠が存在し、

それだけでも描写としては非常に面白いしよく作られている。


その中に出てくるマテリアルとして数学・物理学的な要素が出てくるということ。


「すべてのとき」に主人公が入ると、今何をするかによってどういう過去が生まれるか

全てが予見できる。その中で、期待する結果に到達する可能性が一番高い行動を

選択して、危機を回避していく・・・という進み方。


Amazon書評にもうまいこと書いてありますが、「ジョジョっぽい」というのは確かにその通り。

第3章っぽいな。

全体としてはDIOと戦う長い旅を描きながら、その中で波動(波紋)を擬人化したスタンドを活用した

色んな能力を駆使して危険を回避・勝利していく。まさにそんなノリ。


理系アレルギーには細かい描写が苦しいかもしれませんが、

個人的には知的探求心も満たされつつミステリー大作を読んだという

感じで一石二鳥に面白かったです。


ちなみに、解説がなぜか児玉清です。

広告
カテゴリー:blog, books タグ: , ,

パスカル先生のはなし

数学的にありえない〈上〉 (文春文庫)

数学的にありえない〈下〉 (文春文庫)

今読んでいる本。

まだまだ途中なので感想はあらためて、として
パスカルの話が出てきたので、忘れないように。

パスカルといえば、フランスの天才数学者。
「人間は考える葦である」の人です。
パスカルの定理とか、パスカルの三角形とか、
計算機を始めて作った人としても有名です。

そんなパスカルさんが確率論を作り上げたお話。
確率論の成り立ちは、サイコロ賭博だそうです。
フランスの貴族のダメ男が、パスカル先生に相談したんだ
そうですね。

「サイコロを4つ振って、6の目が一つでも出たら客の勝ち、
6の目が一つも出なければ賭場の勝ち」

この場合、はたして賭場が有利か?客が有利か?

実は答えは簡単です。

「ギャンブルは必ず賭場が有利」

つまり、賭場が有利に作られていなければ賭場なんてものは
存在しないんですね。

しかし、パスカル先生はこれを数量的に証明したかった。
んで、一生懸命計算して、賭場がちょっとだけ有利だという
ことを証明したんだそうです。
それが確率論という学問の始まり。

やっぱり何事も人間の欲望から進化を遂げるんだなぁ、というお話。

ちなみに、さらなる余談ですが、稀代の天才数学者・パスカルさんは
その後確率論に目覚め、物事の確率を考えていくようになります。
そして、宗教に没頭するのか、快楽的な人生を送るのか、どちらが
幸福になる確率が高いか、ということを研究し、宗教の方が高い
という結論が出たそうです。
死後の世界に幸福を迎える方が、プラス無限大の幸福という
結論だったそうで。
(生の世界は有限なので、幸福は有限だと)
そして、すっぱり数学をやめ、晩年を宗教研究に費やしたとのこと。

天才数学者はやはり変人と紙一重なのです。
カテゴリー:books, math タグ: