ホーム > blog, horse racing > 【回顧】⇒[GI]天皇賞・春

【回顧】⇒[GI]天皇賞・春

GWということもあり、予想を書く余裕はありませんでした。
結局レースも嫁の実家で見ることになりました。


古馬最強決定戦。


今年はGIホースが昨年の覇者マイネルキッツしかいないという
やや小粒なメンバー。


上がり馬のフォゲッタブルが圧倒的一番人気になるくらいだから、
ちょっとさみしい感じのする淀3200。


今回の僕の本命はジャミール。
相手なりに馬券内に常に顔を出し、2000Mを越えるレースでは
さらに安定感を増している。
そして、前走阪神大賞典でトウカイトリックと差のない
2着に来たのは評価できる。


長距離では何となく今ひとつの感じがする安藤が不安要素として
あるものの、一気に力をつけてきたという意味では、フォゲッタブル
と大差はないかと。


完全に「チーム・ディープインパクト」という人気先行型なので、
そういう意味では馬券的にはおいしいと判断。


結果は・・・


やはりGI馬、マイネルキッツはまさに天皇賞春を知り尽くした
レースぶり。天皇賞は4角先頭の王道先行策が強い。
最後はジャガーメイルの33秒台の差し脚に屈したものの、
まさに勝つためのレースをしましたね。


ジャミールは・・・4角先頭のマイネルキッツに34.2で上がられたら
届くわけもなく。


結果的に位置取りがどうこう、という意見も多いです。
確かに、3角で最後方ポツンでは、長距離で差し切るのは難しい。
長距離レースで最後方から直線だけでぶっこ抜いたのは
ダンスインザダークの菊花賞しか記憶にない。


流れが落ち着いてしまい、最後の瞬発力勝負になったという展開の
不向きもあったとは思いますが、駄騎乗と呼ばれても仕方のない
結果でした。3角でレースが終わりましたからね。


でも、マイネルキッツのような王道競馬で勝てるほどの力はない、
中途半端な競馬ではマイネルキッツをとらえることはできない。
それなら一発勝負で最後方、末脚の爆発に賭ける!というのは
勝負師としては悪くないと思います。


もしこれで、ペースが異様に早くなり、先行馬がバタバタと
下がっていくような追い込み展開になれば、がっちり嵌って
好騎乗と言われるわけですから。


何にせよ、安藤は勝ちに行ったという点では評価できると思います。


でも、僕は負けてるからどうしようもないですけど・・・


今週はNHKマイルC!

広告
カテゴリー:blog, horse racing タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. 2010/05/1009:29

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。