ホーム > blog, books > [本]数学的にありえない(上・下)(文集文庫)

[本]数学的にありえない(上・下)(文集文庫)

数学的にありえない〈上〉 (文春文庫)
数学的にありえない〈下〉 (文春文庫)


以前にも多少この本について書いていましたが、読み終わったので感想を。


06年、「週刊文春ミステリーベスト10」海外部門第3位、

「このミステリーがすごい!」海外編第5位にランクインした、アダム・ファウアーのデビュー作。

05年の発表以来またたく間に16カ国あまりで翻訳されベストセラーとなり話題を呼んだ、

圧倒的なリーダビリティーを持つノンストップ・サスペンスである。

(Amazonのレビューから引用)


一見、数学・統計学・物理学などがガンガン出てきて、おそらく

理系アレルギーの人は読む気も起らないように感じると思う。


しかも、主人公は決定論のPostでも書いた「ラプラスの魔」そのもの、という

若干サイコっ気も含んだ内容。


理系サイコミステリーか?というと、実はそうでもないところがいい感じ。


全体としては大きなアクション大作というか、CIA工作員やら秘密組織やらロシアやら北朝鮮やら

困惑しそうなくらい色んなヤバイ組織と戦ったり逃げたり、という大枠が存在し、

それだけでも描写としては非常に面白いしよく作られている。


その中に出てくるマテリアルとして数学・物理学的な要素が出てくるということ。


「すべてのとき」に主人公が入ると、今何をするかによってどういう過去が生まれるか

全てが予見できる。その中で、期待する結果に到達する可能性が一番高い行動を

選択して、危機を回避していく・・・という進み方。


Amazon書評にもうまいこと書いてありますが、「ジョジョっぽい」というのは確かにその通り。

第3章っぽいな。

全体としてはDIOと戦う長い旅を描きながら、その中で波動(波紋)を擬人化したスタンドを活用した

色んな能力を駆使して危険を回避・勝利していく。まさにそんなノリ。


理系アレルギーには細かい描写が苦しいかもしれませんが、

個人的には知的探求心も満たされつつミステリー大作を読んだという

感じで一石二鳥に面白かったです。


ちなみに、解説がなぜか児玉清です。

広告
カテゴリー:blog, books タグ: , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。