ホーム > horse racing > [GI]高松宮記念

[GI]高松宮記念

今回、あまり長々と予想をしている時間がないのですが・・・


枠順は以下の通り。
1枠1番 セブンシークィーン 北村友一 (55.0)
1枠2番 アイルラヴァゲイン 秋山真一 (57.0)
2枠3番 アルティマトゥーレ 横山典弘 (55.0)
2枠4番 ショウナンカザン 柴田善臣 (57.0)
3枠5番 トウショウカレッジ 川田将雅 (57.0)
3枠6番 キンシャサノキセキ 四位洋文 (57.0)
4枠7番 カノヤザクラ 小牧太 (55.0)
4枠8番 エーシンエフダンズ 佐藤哲三 (57.0)
5枠9番 ファイングレイン 勝浦正樹 (57.0)
5枠10番 ヘッドライナー 酒井学 (57.0)
6枠11番 エイシンタイガー 池添謙一 (57.0)
6枠12番 グランプリエンゼル 熊沢重文 (55.0)
7枠13番 サンカルロ 吉田豊 (57.0)
7枠14番 スズカコーズウェイ 武豊 (57.0)
7枠15番 プレミアムボックス 幸英明 (57.0)
8枠16番 エーシンフォワード 岩田康誠 (57.0)
8枠17番 ビービーガルダン 安藤勝己 (57.0)
8枠18番 ピサノパテック 田中勝春 (57.0)
 

高松宮記念のポイントは以下の通り。

  • ただのスプリンターでは通用しない。タフなレースなのでマイル程度の対応力を求められる。
  • なぜか外枠、差し・追い込みが有利な展開が多い。
  • ステップレースでは1400Mの阪急杯組が圧倒的に優勢。


もちろん過去の連対馬が全てこれに当てはまるわけではありませんが、

あくまで傾向値をたどるとこうなります。

ここから該当馬を探すと・・・


13番サンカルロ、16番エーシンフォワードの2頭に。

次点は9番ファイングレイン。


特に差し気質の強いサンカルロ、もしかすると大変な能力を

秘めているかもしれないという期待も込めて◎。

13―16、9-13の馬連を本線に、13軸の流しで勝負だ!

広告
カテゴリー:horse racing タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. 2010/03/2915:08

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。