ホーム > horse racing > ケイバとワタシ その①「フジキセキ」

ケイバとワタシ その①「フジキセキ」

競馬との出会いは1995年3月。高校1年生の終わりだった。

1994年といえば、セントライト以来の3冠馬・ナリタブライアンが話題の中心にいた年。

つまり、僕はナリタブライアンの3冠を見ていない。

3冠直後の有馬記念も見ていない。

そんな歴史的な事件の翌年、のほほんと競馬に出会った。

一気に僕の心をつかんだのは1頭の3歳馬。

「フジキセキ」

サンデーサイレンスの初年度産駒にして最高傑作と言われる馬。

フジキセキの弥生賞を見たときには衝撃でした。

青鹿毛の見事な馬体、溢れ出る気迫、そして強さ。

とても美しく、強く、速かった。

一気に魅了され、サラブレッド、そして競馬というものに心を奪われました。

残念ながら、僕を競馬の道へ誘ったフジキセキはその直後に

屈腱炎を発症し、そのままターフを去りました。

今でも、無事であれば三冠を取ったであろうと信じてやみません。

→ケイバとワタシ その②へ続く

広告
カテゴリー:horse racing
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。